投稿

2月, 2010の投稿を表示しています

【2010年3月上旬】定期預金 金利 ランキング

イメージ
2010年3月上旬の定期預金金利ランキングを発表します。

今回はランキングの条件をそろえるため、1年もの300万円未満の定期預金を基準として各銀行を比較しました。

住信SBIネット銀行銀行住信SBIネット銀行利率年0.83% (税引き後0.664%)預入期間1年もの商品円定期預金 特別金利キャンペーン商品説明2010年3月31日まで備考現金1,000円プレゼントキャンペーンも実施しています

SBJ銀行銀行SBJ銀行利率年0.70% (税引き後0.56%)預入期間1年もの(50万円以上)商品定期預金商品説明-備考-

日本振興銀行銀行日本振興銀行利率年0.70% (税引き後0.56%)預入期間1年もの(1万円以上)商品インターネット定期預金商品説明2010年3月8日以降、0.1%金利が下がる予定備考-

今月も引き続き住信SBIネット銀行がトップ獲得です。

あおぞら銀行をはじめ、全体的に金利が下落傾向にあります。その中で金利を維持したSBJ銀行日本振興銀行が結果的に2位と3位を獲得しました(ただし日本振興銀行は3月8日以降金利が下がる予定です)。

3月も住信SBIネット銀行が預金先の第一候補です。

関連リンク:
銀行人気ブログランキング(応援お願いします!)
住信SBIネット銀行

【福邦銀行】年2.0%、3ヵ月定期預金「夢叶う」

福井県福井市の福邦銀行にて、年利率2.0%の3ヵ月定期預金の取り扱いが開始されました。「夢叶う」の商品名で、2010年5月31日まで受け付けています。

福邦銀行銀行福邦銀行利率年2.00% (税引き後1.60%)預入期間2ヵ月もの(300万円以上)商品夢叶う商品説明・300万円以上
・平成22年2月4日~5月31日
・個人のお客様で、新規にお預けいただいた方が対象備考-
300万円預けた場合、3ヵ月で15,000円の利息が付く計算になります(3,000,000×1.60%×3/12(3ヵ月)=15,000円)。福井近郊の方は是非検討してみて下さい。

この預金は退職者の資金の取り込みを目的としたものです。募集枠は40億円。ただ、5月末までに満額に達した場合増額も検討するようです。

定年退職した人の資産運用ニーズに応えようとするもので、株式や投資信託などからの切り替え需要も見込んでいるとのことです。

このような明確な目的と独自性のある商品は非常に魅力的です。あまたある地方銀行からどんどんユニークな預金商品が出てきて欲しいものです。

【2010年2月下旬】定期預金 金利 ランキング

イメージ
2010年2月下旬の定期預金金利ランキングを発表します。

銀行のキャンペーン情報や利率を比較した結果、最も高金利な銀行は、今回も引き続きキャンペーンを継続している住信SBIネット銀行でした。

住信SBIネット銀行銀行住信SBIネット銀行利率年0.83% (税引き後0.664%)預入期間1年もの商品円定期預金 特別金利キャンペーン商品説明2010年3月31日まで備考現金1,000円プレゼントキャンペーンも実施しています

あおぞら銀行銀行あおぞら銀行利率年0.80% (税引き後0.64%)預入期間1年もの(300万円以上)商品あおぞらダイレクト預金商品説明300万円以上。平成22年2月1日から平成22年2月28日までの適用金利備考-

SBJ銀行銀行SBJ銀行利率年0.80% (税引き後0.64%)預入期間1年もの(1,000万円以上)商品定期預金 - 大口定期(PDF)商品説明1,000万円以上備考-

2月上旬に引き続き住信SBIネット銀行がトップ獲得です。

あおぞら銀行も変わらず0.8%で2位でしたが、日本振興銀行は0.7%でトップ3から姿を消しました。日本振興銀行は、以前は高金利で存在感があったのですが最近は目立たなくなってきました。

変わってSBJ銀行が0.8%であおぞら銀行と同金利ですが、こちらは1,000万円以上の預け入れ時の適用金利ですので、3位としました(1,000万円未満だと0.7%となっています)。

ちなみにオリックス信託銀行も1年もの300万円以上の預け入れで0.7%の利率であり、SBJ、日本振興銀行、オリックス信託、といったあたりは非常に僅差となっています(300万円未満の預け入れの場合SBJ銀行と日本振興銀行が0.70%で同じ金利です。これは2位としたあおぞら銀行を上回ることになります)。

定期預金を作るなら、まだ当面は住信SBIネット銀行が第一候補になります。


関連リンク:
銀行人気ブログランキング(応援お願いします!)
住信SBIネット銀行

HSBCプレミア3ヵ月もの1.5%のキャンペーン

イメージ
以前も紹介しましたが、HSBCプレミアで新規口座開設者向けの定期預金キャンペーンを再び実施しています。



金利:年1.5%(税引き後1.2%)
募集:2010年2月1日から2月28日まで
銀行:HSBCプレミア
キャンペーンサイト: <新規口座開設限定>円定期預金キャンペーン
条件:
・3ヵ月のみの適用金利
・預け入れ額1,000万円から
・預金保険対象外
・新規にオンラインで口座開設をした場合のみ


いろいろと条件があって、要するに富裕層の人が新規に口座開設をしてくれれば30,000円プレゼントしますよ、という感じのキャンペーンですね(1,000万円預けると3ヵ月でおよそ3万円の利息が付きます)。

一般の方が普通におカネを運用するための商品ではありません。
(HSBCプレミアは金融資産1,000万円からの専門銀行と銘打っているんですね。ばっちり富裕層向けです)

住信SBIネット銀行の預金残高が1兆円突破

先日インターネット専業銀行の預金残高の記事でネット銀ではソニー銀行と住信SBIネット銀行の預金残高を紹介しましたが、住信SBIネット銀行1兆円を突破したと発表されました。

インターネット専業銀行で1兆円以上の預金残高があるのはソニー銀行と住信SBIだけで、住信SBIは平成19年9月24日の開業から2年半程度で1兆円の大台に乗せたことになります。

振込手数料が無料、ATM利用料が無料、定期預金の高金利、住宅ローンの低金利など、他行とくらべて魅力あるサービスが提供されていることが顧客獲得を進めているようです。

ATM利用料が無料なのは当然のように思えますが、独自でATMを持たないネット専業銀行では結構有料のところが多いこともあり、現時点では、住信SBIは総合的に使い勝手の良さはトップクラスだと思います。

ただ銀行のサービスも色々変わっていくので、利用者としてもその時々で賢く選択して利用していきたいものです。


<p><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2619554&pid=878842803"></script><noscript><a href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2619554&pid=878842803" target="_blank" ><img src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2619554&pid=878842803" height="60" width="234" border="0"></a></noscript></p>